Tsuyoshin blog

所属団体とは関係なく、個人的なblog

フロントエンドのコードベースの改善話(1st step)

はじめに

抱えていた課題感

  • フロントエンドのモダン化は結構前からの課題だった
  • 今までのコード達はjQuery + pluginをダウンロードして、サーバに配置して、読み込んで、自分で直接書いたjavascriptも読み込んで頑張ってた
    • DOMをガリガリ書き換えて頑張ってた。そろそろツライ
  • ただ書き換えるにしてもフロントエンドの移り変わりが早くてコレというのが無いなぁ

改善方針

  • いきなり全て書き換えることなど無理だし、ビッグバン・アプローチは怖すぎなので当然避ける
  • 何に書き換えるか問題は別途考慮が必要なのでちょっとおいておく
    • 自分たちの利用用途にあるFWだったりを検討するのに時間が必要なので
  • とりあえずは各所に散らばったjQuery + pluginを読み込んで、そのままjavascriptを書いているやり方を止めよう!!
    • この方法はバージョン管理もバラバラになりがちだし、ちゃんと動くのかというテスト的なもの不安がありすぎる...
    • なのでjQuery + pluginはnpm管理して、es6で書くようにしてwebpackでビルドしてってするようにした
    • ついでにwebpackでoptimizeもしとけば少しはパフォーマンスも良いだろう
    • まぁちゃんとパッケージ管理するところからスタートする!!
    • これ以上傷口を広げない作戦

いざ改善

ハマった点

  • jQueryはもはや全画面で使ってるのでglobal用にnpm管理のところから出力したいなぁ
import 'jquery';

上記だけのファイルでwebpackでdestするようにしたが、グローバル参照ができなかった😱

解決方法

  1. webpackのProvidePlugin,loaderとnpmのexpose-loaderを使った

  2. グローバル変数に代入してしまう

window.$ = $;
window.jQuery = jQuery;

結局はProvidePluginloaderを使っておいた方が無難な気がしたのでこれにしました。

最後

  • とりあえずはこれ以上負債を出し続けなければいけない状況は防げたかなと -> 傷口を広げない作戦
    • サービスを運用している以上、一旦止めることもできないし、日々の不具合対応やビジネス的にやらなければいけない新規施策とかはあってというツラさがある
    • そんな中でも直ぐに負債になってしまう前のコードの書き方でやらなければいけないのは精神的、モチベーション的にツライのでこの作戦は良いと思ってる💪🏽